洗顔

洗顔の役割

洗顔は汗やホコリなど顔の汚れを落とすのが1番の役割です。しかし、洗顔は汚れを落とすだけではありません。洗顔をすることで、その後の化粧水などの浸透を良くする役割もあります。そのため、スキンケアではとても大事な基礎になるわけです。間違った方法で洗顔すると、汚れが残ってしまったり肌を傷つけたりしてしまいます。肌を傷つけてしまうと、老化を早めてしまうのです。怖いですね。そのため、洗顔は正しい方法でおこなうことが大切です。

洗顔料の選び方

洗顔をする前にまず、洗顔料選びが大切になってきます。
洗顔料は、極力低刺激のものにした方が良いでしょう。若いうちは大丈夫かもしれませんが、アルコールなどが入っているものを長く使い続けることで肌に負担をかけてしまい結果的に、肌の老化を早めてしまう可能性があります。
そのため低刺激のものをおススメします。低刺激のものでも特におススメなのが固形タイプの洗顔料です。固形タイプなら使いすぎることもなく、少しの量でもしっかりキメの細かい泡が立つので良いです。チューブタイプなどでは、出すぎてしまったりします。出すぎたものをそのまま使うと、洗顔料の量が多すぎて必要以上に皮脂を落としてしまいます。必要以上に皮脂を落としてしまうと、乾燥したりより多くの皮脂が出たりしてしまいます。その結果、肌に負担をかけてしまいます。なので、固形タイプのものが良いでしょう。
「固形タイプは洗い上がりがつっぱった感じになり苦手」という人もいると思います。そのような人は、敏感肌用の固形タイプを選べばつっぱりすぎず洗うことができます。

洗顔方法

1,ぬるま湯(35℃前後)ですすぐ
ぬるま湯で毛穴を開く効果と皮脂を落としやすくする効果があります。
水だと毛穴があまり開かず、熱すぎると必要以上の皮脂を取ってしまいます。

 

2,しっかり洗顔料を泡立てる

キメの細かい泡で洗うことで毛穴まで綺麗に洗うことができます。
しっかり泡立てないと、直接肌を手で擦ることになるので負担になります。

 

3,泡を最初にTゾーンにおく
Tゾーンは1番皮脂の分泌が多いので、最初に泡を置くことで皮脂が落ちやすくなります。

 

4,顔全体に泡を置き中から外へ円を描くように洗う
中から外が基本です。頬でも額でもどこでも中から外です。
円を描くように洗うことで、毛穴の汚れを落としやすくなります。
洗う順番は頬→あご→Tゾーン→目の順です。
目のまわりの皮膚はとても薄いので、最後に洗いすぐ洗い流します。
あまり長く泡を置いておくと、負担になってしまいます。

 

5,ぬるま湯で念入りに洗い流す
洗いすぎだと思うくらい念入りにすすいでください。
髪の生え際も念入りに洗い流してください。
洗い残しがあると、にきびや吹き出物など肌トラブルの原因になります。

 

6,タオルで優しく水気を取る
擦るのではなく、優しく抑えるように水気を取ります。
タオルで擦ってしまうと、お肌を傷つけてしまいます。

ポイント

洗顔の際のポイントは3つあります。
とにかく優しく
ゴシゴシは絶対だめです!!

 

手で肌に触らない
洗うときは顔と手の間に泡を挟み、泡で洗う感じです。
洗い流す時は、ぬるま湯をパシャパシャたくさん使い手で擦らないようにします。

 

すすぎ残しは厳禁
せっかく丁寧に洗ってもすすぎ残しがあっては意味がありません。

 

以上の3つを守り、正しい洗顔をしましょう。